So-net無料ブログ作成

コペンハーゲンの空の色の変化 [旅・場所]

自分は海外へ行っても、ひどい時差ボケになることはない。
東へ行っても西へ行っても大丈夫だ。
なので、到着した日、普通に0時前くらいには就寝した。

コペンハーゲンの空
寝る前に撮った、ホテルの窓からの眺め。
これはタイムスタンプを見ると、22時頃だった。

コペンハーゲンの空
時差ボケになりにくいとは言え、少し眠りが浅かったようで、夜中に目が覚めたため、再度外の様子を撮影。
夜中3時半あたり。明るいのは最寄り駅周辺。
22時頃に撮影した写真だと、照明が見えないので、照明点灯時間は5時間あるかどうかなのだろう。

コペンハーゲンの空
改めて眠りに就き、起きたのは朝6時半頃。
すでに十分明るい。

夏至のころからは1ヶ月近くずれているけど、まだまだ明るい時間帯は長く、星空が見えるような暗さにはならないようだ。
nice!(13)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

nice! 13

コメント 2

kuwachan

私もほとんど時差ボケにはなりません。
どこでもすぐに眠れるからかも(^^ゞ
by kuwachan (2019-08-04 22:10) 

kou

>kuwachanさん、
時差ボケが本当に大変な人からすると、恵まれた資質ですよね。(^^)
私はどこでもすぐに眠れる方ではないのですが、なぜか長距離の飛行機内は結構眠れます。
by kou (2019-08-05 19:03) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。