So-net無料ブログ作成

お知らせ


以下のコメントは削除します。
[ひらめき]商品の宣伝や記事と無関係なWebへの誘導目的と思われるもの。
[ひらめき]誹謗中傷や公序良俗に反するもの。


前の16件 | -

グドヴァンゲンのブラカネスホテル [旅・場所]

グドヴァンゲンのブラカネスホテル
クルーズを終えて向かったのが、ブラカネスホテル。
ここで1泊する。

グドヴァンゲンのブラカネスホテル
ロビーはちょっと落ち着いた感じがする内装。
フロントにいた女性にミネラルウォーターを売ってくれと英語でお願いすると、綺麗な日本語で「バーで使っているもので良ければ」と返事をくれた。
日本に数年滞在していたことがあるらしく、かなり流暢な日本語だった。

グドヴァンゲンのブラカネスホテル
2階にあった休憩スペース。
本がいろいろと並んでいたが、当然日本語の物はない。

グドヴァンゲンのブラカネスホテル
オーシャンビューの部屋。
北欧っぽいパステルカラー基調な内装。
バルコニーからは海が見える。
nice!(7)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

ソグネフィヨルドクルーズ船からの眺め [旅・場所]

今回のクルーズは4時間。世界遺産のソグネフィヨルドを観光する。
船外で風を受けても気持ちいい快晴。
2階部分の先頭で立ってカメラを構えたり風景を楽しんだり。

撮った中から3枚ほど紹介。
ソグネフィヨルドクルーズ船からの眺め
海から数百mくらいの高さまでは木々があるが、途中から苔や草などの丈の低い植物が目立つ。

ソグネフィヨルドクルーズ船からの眺め
標高の高い場所は岩石が見えていたり、雪が残っていたり。
フィヨルドは氷河が地表を削りながら岩盤だけが残っていることで、独特の入り組んだ形状を作っている。
このため、柔らかい土の部分がなく、植物にとっては厳しい環境なのだそうだ。

ソグネフィヨルドクルーズ船からの眺め
風がなかったら、鏡面のような光景になることもありそうな光景。
今回の写真ではわかりづらいが、岩肌の凹んだところはあちこち雪融け水による滝があったりして、風景の変化が楽しい場所。

真夏だと寒くないし、フィヨルドクルーズは一度は行ってみると良いと思う。
nice!(11)  コメント(4) 
共通テーマ:旅行

ソグネフィヨルドクルーズ船 [旅・場所]

ソグネフィヨルドクルーズ船
フロムの町にある波止場からフィヨルドクルーズ船に乗船する。
写真の船。
フィヨルドクルーズはコースにもよるのだけど、短いものだと数時間とかそのくらいで、長いものになると数日以上になる。
今回は数時間のコース。
場所取りは早い者勝ち。
最上スペースに用意されている椅子は限りがあり、写真を撮るのに適した最前列や両サイド列はあっという間に埋まってしまう。
たまたま最前列の隙間が空いていたので、しばらくそこで撮影させてもらうことにした。
nice!(10)  コメント(4) 
共通テーマ:旅行

FLÅM MARINAでランチ [飲食・料理]

FLÅM  MARINA
フロム駅で電車を降り、向かったのはFLÅM MARINA
駅から徒歩10分以内の場所にある。
海岸が目の前にあるレストラン。
海が見えて明るい店内は雰囲気がなかなか良い。

FLÅM  MARINAのランチ
ツアー向けのランチ。
量も味も内装も悪くなかったけど、通常よりも多くの人を入れた感じで、かなり狭かった。
たぶんこれはツアー会社の詰め込みすぎだと思う。
nice!(10)  コメント(4) 
共通テーマ:グルメ・料理

ショースの滝 [旅・場所]

ショースの滝
フロム山岳鉄道にはショースフォッセンという駅がある。
ただ滝を見るためだけの駅。
ここのプラットフォームからは、ショースの滝を見ることができる。
写真の通り、なかなかの迫力のある場所。

ショースの滝
滝はプラットフォームの手前を落ちていくが、風で水しぶきが飛んでくるので、夏以外の季節だと寒いかもしれない。
夏は雪融け水が多くて水量も十分とのことなので、夏がお勧め。
冬は凍結するそうだ。

ちなみに画面中央あたり。(拡大してみた)
ショースの滝
妖精が踊っている。
実は、フロム山岳鉄道が停まると、踊り人がダンスしてくれるのだ。
なかなかダイナミックなダンスだったけど、これ大変だろうな。。。" />
妖精が踊っている。
実は、フロム山岳鉄道が停まると、踊り人がダンスしてくれるのだ。
なかなかダイナミックなダンスだったけど、これ大変だろうな。。。
nice!(13)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

フロム山岳鉄道の車窓から [旅・場所]

フロム山岳鉄道の車窓から
快晴。
カーブで電車の車体と風景と両方入る感じで撮ってみた。
北欧の7月上旬ということで、気温はちょうどよいくらい。
爽やかな山の眺めを見ながら進む。

フロム山岳鉄道の車窓から
概ねこういう感じの風景が続く。
山間を走ることから、渓流沿いだったり、トンネルを過ぎたり、山肌が迫ったりということはあるけど、基本的には森と草原の中を走っているような感じだ。

フロム山岳鉄道の車窓から
ところどころで小屋があったり別荘のような邸宅があったり。
この写真はもう終点が近くなってきているところで、小さな町というか村というかそんな場所を車窓から撮ったもの。
それほど長くないけど、良い電車旅だった。(^^)
nice!(13)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

フロム山岳鉄道 [交通]

フロム山岳鉄道
空はすっかり良い天気。
ヴォス駅から乗ったベルゲン鉄道は、途中で乗り換え。
写真の通り、フロム山岳鉄道へ。
全長20km。山岳鉄道と名のある通り、山岳地帯をくねくねと走る路線だ。
電車内はちょっとレトロな感じで、鉄道好きには好まれそうな印象だった。
出発。
nice!(10)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

ベルゲン鉄道の車窓から [旅・場所]

ベルゲン鉄道の車窓から
ヴォス駅を出発する時は、いまにも雨が降りそうな曇天だったが、山間部を走るにつれ、徐々に天候が良くなってきた。
写真の通り、青空が見え始める。

ベルゲン鉄道の車窓から
ベルゲン鉄道からの眺めはなかなかのもので、森林帯だけでなく湿地帯などもあり、バリエーションに飛んでいて飽きない。
nice!(12)  コメント(6) 
共通テーマ:旅行

ヴォス駅で買ったもの [飲食・料理]

ミネラルウォーターと菓子
列車に乗り込む前に駅舎の売店で購入したもの。
空模様は曇り空。
雨は降らなさそうだが、眺めもあまり良くないだろうと思い、ちょっとした間食をということで。
こんなところで、明治製菓の菓子があるとは意外だった。
nice!(11)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

ヴォス駅にて [旅・場所]

ヴォス駅
教会の外観を眺めた後は、ヴォス駅へ。
写真の通り、駅周辺が工事中だった。
ロープウェーも見えるが、利用するのは鉄道の方。

トロール
ヴォス駅舎の待合室に設置されていたトロール。
ノルウェーではメジャーな妖精。
駅ホームにはもっと大きなトロール像があったのだけど、工事中で全身が撮りづらかったので撮影していない。

ベルゲン鉄道
ベルゲン鉄道。
これから乗る電車。
2等指定席が予約されているので、時間までに乗り込んだ。
nice!(14)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

ヴォス教会 [旅・場所]

世界遺産地区を後にして、次に向かったのはヴォス。
ヴォスは観光目的ではなく中継地だったのだけど、少し時間があるということで散策。

ヴォス教会
ここには、第2次世界大戦中にドイツ軍に侵攻されたものの、破壊を免れていたヴォス教会がある。
13世紀に建立された教会。

ヴォス教会
ヴォス教会の敷地には民族衣装のようなものを着ている集団がいた。
赤ん坊を抱えている人がいて、この写真を撮った後、牧師らしき人が外を回ってきたので、何か宗教的なイベントがあるのかもしれない。

このあとはヴォス駅に。
nice!(11)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

ベルゲンのチェーン店 [旅・場所]

ベルゲン地区で少しの自由時間があったので、ぶらぶら。
と言ってもゆっくり買い物をするような時間はなく、古い建物の間を歩いたり、近くにある観光案内書を覗いたり。
世界遺産のある街ということで、ワールドワイドなチェーン店も多かった。

セブンイレブン
セブンイレブン。
デンマークでも入ったけど、やはり品ぞろえは日本とは違う。
ウインドウ側にはカウンターがあり、地元の人らしきおじさんがコーヒーか何かを飲んでいた。

ハードロックカフェ
ハードロックカフェ。
朝8時あたりなので、まだ開いていない。

スターバックスコーヒー
スターバックスコーヒー。
ここもまだ開いていなかった。

どの店も地元に古くから残る建物を利用している様子がうかがえる。
日本だと耐震の問題や、土地代に対しての回収効率が厳しいことなどもあって、古い木造家屋にそのまま居ぬきでテナントが入るケースは少ないが、街並み的には北欧の再利用の方が美しいと思う。
nice!(10)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

ベルゲンの魚市場とブリッゲン地区 [旅・場所]

ベルゲンの魚市場
ベルゲンのホテルに泊まった翌朝、朝食を済ませて向かったのは魚市場。
この日は日曜日だったため、市場もスタートがゆっくり。
観光客向けに数店舗が営業準備をしている感じだった。

ベルゲンのブリッゲン地区
魚市場のある向こう側あたりはブリッゲン地区と呼ばれる場所。
とても古い家屋が多い。
この写真の手前側は石造りで、低い家屋が並ぶところが木造り。


ベルゲンのブリッゲン地区
このあたりが木造りエリア。
ここは世界遺産に指定されている。
ちなみに、何だか家が歪んでいるように見えると思うが、実際に歪んでいる。
日本の数百年以上の歴史のある寺や神社と異なり、傾いた部分が結構多い。

ベルゲンのブリッゲン地区
こちらは石造り。
それでも古い建物。
観光地として有名になった場所ということで、1階の多くは、土産物屋、飲食店、ブランド品店などになっている。
あいにくの天気だったので、カラフルな建物と青空の組み合わせの写真は撮れなかった。

ベルゲンのブリッゲン地区
そして、何よりも寒かった。
雨は降らなかったけど、曇天で太陽の恵みはない。
この日の現地朝の気温は9℃。
7月上旬でもめっちゃ寒い。
防寒用にフード付きの雨風を通さないパーカーを持って行って、本当に正解だった。
nice!(12)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行

泊まったホテルで夕食 [飲食・料理]

ホテルチェックイン後はホテルのレストランで夕食。
飲み物は各自がバーへ行って都度カードで支払うスタイル。
日本のFeliCaを使ったシステムとは異なり、列になるとかなり待つことになる。
こういう時はFeliCaと比べるとクレジットカードの方が不便。

ベルゲンの地ビール
オーダーしたのはベルゲンの地ビール。
スッキリしていて飲みやすいビールだった。

ビュッフェ
ビュッフェスタイルなので、適当にチョイス。
たんぱく質の中心は、サーモン、チキン、ハム、ソーセージ。
ホテルのビュッフェにあるものは、日本人にとって食べづらいと感じる癖の強いものはほとんどない印象。
nice!(9)  コメント(2) 
共通テーマ:グルメ・料理

スカンディックフレクスランドエアポートホテル [旅・場所]

スカンディックフレクスランドエアポートホテル
ベルゲンで宿泊したホテル、スカンディックフレクスランドエアポートホテル。
ちょっと変わった外観。

スカンディックフレクスランドエアポートホテル
ロビーに入り、手続き。

スカンディックフレクスランドエアポートホテル
部屋は少し狭めな感じ。
1泊するだけなので、これで十分だけど。
nice!(12)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

コペンハーゲンから [旅・場所]

コペンハーゲン空港"
デンマークのコペンハーゲン空港からのフライト。
2シート×2シートの小さなジェット機。

ベルゲン空港前のサイン
到着。ノルウェーのベルゲン空港。
写真は空港前にあるサイン。
この”?”は何だろう。
時間的には19時あたりなので、この後はホテルへ移動して食事するのみ。
nice!(13)  コメント(2) 
共通テーマ:旅行
前の16件 | -